〜当日コンテンツ紹介〜

パネルディスカッション

「地方創生の真価〜“今のまま“じゃだめなのか〜

配信はこちらhttps://youtu.be/URzXzpu6j0o


登壇者

 

地域創生の最前線で活躍する4人の方にお越しいただき、何のために地域おこしを行うのか、そしてその中で我々は何をできるのかということについて、お話を伺います。

※Youtubeライブにて配信

※参加費無料

※どなたでもご参加いただけます!

※参加をご希望の方はこちらのフォーム よりお申し込みください。

 

登壇者紹介

PC用の画像

スマホ用の画像

PC用の画像

スマホ用の画像

PC用の画像

スマホ用の画像

PC用の画像

スマホ用の画像

 

参加申し込みはこちら

 

コンテンツ概要

2月11日14時より、最前線で地域創生に関わる4人の著名人の方をパネラーにお招きして、パネルディスカッションを行います。

 

YouTubeにて配信を行うため、どこからでもどなたでも参加いただけます。

 

壇者は、加藤慎康さん・高橋博之さん・多田朋孔さん・中川敬文さんの4名を予定しています。

 

近年地方では急激に過疎化や高齢化が進み、それを問題視する形で、地域おこしブームが起こっています。

しかし、そもそも本当に過疎化していく地域に対して”地域おこし”を行わなければならないのでしょうか。

実際地域では、変化を好まず、今のままでいいという住民も少なくありません。

移住者を増やしたり、若者を呼んだり、と街の将来を変えていくことは必要なことなのか。

この地域おこしの根幹に関わる問題について、登壇者4人の白熱した議論が展開されます。

議論後半では、大学生にフォーカスを当て、学生がどのように地域に貢献できるのか、学生にしかできない地域おこしの形について考えることで、より良い地域おこしを模索していきます。

 

参加方法

・日時:2月11日(金・祝) 14:00~16:00

・開催形態:YouTube配信

・応募期限:2022年2月9日

・応募資格:ございません。どなたでもご覧いただけます。

応募の際はこちらのフォームに必要事項をご記入ください。

記入いただいたメールアドレスに、Youtubeリンクをお送りします。

・参加費:無料