2020年 開催報告

2020年2月8日から11日に「むらおこしコンテストinふっつ 2020」が開催されました。

日本中から天羽へと集まった学生は天羽の地区単位の5つのチームに分かれ、各地域での活動を始めていきます。

学生たちは歩いて地域をめぐり、地元で暮らす方々と各地域の現状、抱える課題について語り合いました。

 

観光が盛んな地域や商業中心の地域、住宅地域など地区ごとに特色が異なります。学生達は民泊での宿泊や地区巡り、住民との懇談会や複数の住民による地区の説明などにより、地域の特色を知って行きました。

 

 

その後、各グループはそれぞれが感じた課題を解決するためのプランを作成し、最終日に富津市民会館で発表を行いました。

 

この最終発表会には4日間の活動でお世話になった方々をはじめとする、およそ160名もの住民の皆さんにお越しいただきました。

各チームの発表は以下の動画にてご覧いただけます

竹岡チーム『山歩きde 脱・サファリ』

金谷チーム『「住民」の学校プラン』

峰上チーム『峰上を支える環南みんなの楽校』

天神山チーム『つなぐ、つながる長崎!!』

湊チーム『ようこそ、太陽のまち天羽へ』

 

今後の活動につきましても、当サイトや各種SNSなどで発信していきますのでぜひご確認ください。